ARCHIVES

2010 INSTALLATION "こころをうごかす"

2010.12.5 / GALLERIA Hall, Tokyo Design Center

2010年、早稲田大学繊維研究会は、「デザイン」力を用いて、ファッション本来の魅力を取り戻すための提案をします。

それが、"こころをうごかす"服です。

今、ファッションと呼ばれている分野では何が起っているのでしょう。

ファストファッションの流行に見られるように、ファッションの最先端としてのモードが、安価で再生産され、わかりやすい形で一般の消費者に広く行き渡っています。所謂「おしゃれ」な服が巷に溢れ、かっこいい・かわいい、外見のみに頼った分かりやすい服が売れています。

また、外見的な魅力のみに頼ってしまうことは、飽きたらすぐに買い替えられてしまうという単なる「消費」の対象に成り下がってしまうのではないでしょうか。

果たして服とは、かわいい、かっこよいだけでよいのでしょうか?

服の魅力は、一番単純化すれば、「服との関わりの中で起る変化」なのではないでしょうか。ですが、現状は外見上の変化にのみ焦点が当てられている気がします。

そうではなく、繊維研究会では「見る・買う・着る」などの行為から得られる"こころのうごき"を与える服こそ、本当の服の楽しさなのではないかと考えます。

服に触れた時の楽しみやワクワク、そういったものを服に取り戻す事を目指し、デザインをします。

image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image

トップに戻る