ARCHIVES

2011 INSTALLATION "ファッションの「次」はどこから来るか"

2011.12.18 (sun) / trigram, 東京都港区南青山4-18-10 B1F

ただ「創る」ことではなく、ひとり「書く」ことではなく—。ファッション批評の時代に「個」ではなく「集団」ができることは何か。

「服」だけでなく、「文化」や「人」に。「デザイナー」や「批評家」だけでなく「受容者」に。

ファッションそのものに向き合う批評的活動とは何か。ゼロ年代は、固着したファッションが混ざり出した時代だった。

ファッションの「次」はどこから来るか。ファッションとクラブは仲がいい。それはきっと、偶然じゃない。

様々な疑問や予感を一つに繋げ、その先にファッションの未来を見据える。繊維研究会2011年度Installationは服の制作のみならず、

文章、映像、空間、音楽、議論などの多様なメディアを通して「ファッション」そのものにアプローチします。

トークイベントのゲストには、注目の書籍、『ファッションは語りはじめた』に寄稿されている、蘆田裕史氏、高野公三子氏、水野大二郎氏をお招きしました。

今回のインスタレーションにあたり、written after wordsデザイナー山縣良和氏、ミキリハッシン/スタイリスト山口壮大氏にインタビューを行い、その映像も放映しました

image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image
image

トップに戻る